6月
04

銀月アパートメントの紹介

posted on 6月 4th 2015 in news & 日常 with 0 Comments

bana1

 

京都の北白川、閑静な住宅街のど真ん中に
異様な雰囲気を醸し出す建物が一軒ぽつんとあります。

その名も「銀月アパートメント」

前を通ると足を止める人も少なくない、
このあやしいたてもの「銀月アパートメント」のナゾに

今回は迫っていきたいと思います。それではどうぞ。

 


 

1.黒髪の乙女が似合うレトロさ

銀月アパートメント、とても古いです。
住人によると、古すぎて最近では日に日に
傾いてきているのを感じるらしい。

大正浪漫溢れるこのレトロ建築には、近代文学を読みふける
黒髪の乙女が似合うと相場がきまっています。

DSC0fsdfs5347

DSC053d47

12

saefd

sd

 

2. さくらがきれい

銀月アパートメントといえば、なんといっても桜です。
玄関のしだれ桜がとても大きい。
この桜だけを特集された本も出版されているらしい。

DSC0sfg5347

ee

3.琵琶湖疎水がすぐ横にある

すぐ横に琵琶湖疎水が通っていて自然豊かです。
静かで落ち着いた場所です。

fsde

DSC0asca5347

sef

4.その他

・四畳半神話体系/鴨川ホルモー/クローズドノート などの作品にでてくる。
・映画監督・大島渚が住んでいた

などなど。

 

掘れば掘るほどもっとネタがでてきそうです。
そんなあやしいたてもの「銀月アパートメント」。
これから時間をかけてゆっくりと
調べ上げていこうとおもいます。

CHAHANG

京都のデザイン事務所、チャーハンです。

コメントをどうぞ